AGAと早めの診断

AGAサポーター

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
AGAは進行性なので、放置しておくとますます髪の毛は減り続けていきます。
AGAサポーターのメイン画像

AGAと早めの診断

先日、あるニュース番組を見ていたら、大手の教育関連会社から大量の個人情報が流れたという内容が流れていました。

食材偽装問題などでも、企業の責任者が謝るというシーンをよく見かけます。

不謹慎かと思いますが、謝罪で頭を下げた時に、その人の頭頂部が画面に丸見えになりますね。

謝罪をする企業の責任者は、ある程度の年齢であり、白髪や薄毛も目立ったくる年だと思います。

抜け毛や薄毛が気にならない人はもちろんですが、毛が薄くなってきたという人でも自分の頭頂部をあらためて見るということはなかなかしないものです。

家族など親しい人から言われる、ということはあっても自分から頭頂部をチェックすることはほとんどないと思います。

頭頂部が薄くなる現象は、もちろん老化の現象ではありますが、AGAという可能性もあります。

AGAとは男性型脱毛症のことで、 思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、またはその双方から薄くなっていく症状です。

早い人なら20代からでも症状が出てくると言われています。

AGAは進行性なので、放置しておくとますます髪の毛は減り続けていきます。

AGAの原因は男性ホルモンが主な原因だと言われています。

最近では飲み薬などでかなりの効果が期待できると言われています。

そのため、早めの診断と早めのケアが必要になってきます。

最近抜け毛が多い、髪の毛が細くなったようだ、と感じたら病院に行ってAGAかどうかの診断をしてもらい、早期のうちにAGA(男性型脱毛症)治療を始めるよう心がけましょう。

Copyright moneyinpoliticsohio.org.